KOZOU・ClimbOne279STYLE 波・雪・自遊な生活

    旅人で自遊人な279 愛犬アンディと自遊に生きる暮らしを書き綴る旅人自遊BLOGです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子供にツケをまわさない!

雨降る寒い東京、ちょっと今日は我々のフィールドの環境を守るお話をしたい。
IMG_0013.jpg

僕たちはビーチクリーンをしたり売上の1%を環境団体に寄付するメーカーの服を買ったり普段から環境問題に関して敏感に対応している。自然を愛しその中で遊ぶ僕たちが環境問題を考える中で子供にツケをまわさないこの言葉がこれからのキーワードになるのではないかと考えている。
たとえば環境税投入で環境が良くなるこれは非常にいいことだとは思うが環境税を導入すれば増税となり子供にツケをのこしているのだ。
意味がないでしょ・・・・
だから役人の数を減らしたり自分たちができることは民でやって減税したお金で環境に投下しないとおかしいじゃない。
僕たちは環境だけに目を向けるのではなくて環境を取り巻く社会の構造まで考えて行動していかないとどこかでごまかされ騙されてしまうのだ。子供にツケをまわさない。この言葉を定規に見ていくと実にわかりやすいと思う。

IMG_0146.jpg

IMG_0147.jpg

こんなこと僕では到底わかりっこないことをこの人たちに教わった。
共感できた。なるほどなあと思った。積極的に意見を言えた。

もうひとつ考えないといけないことそれは我々が生活で環境に与えるダメージだがあまりピンと来ないと思う。
僕はサーファーで車に乗って海に行き雪が降れば山に行く。当然環境はダメージを受けている。ここで環境会計というものを理解していれば何らかの行動を起こすことができる。環境会計の基本、壊した分だけ再生しよう。ということだ。再生に協力するには子供にツケをまわさない定規に当てて大丈夫かを判断し行動してもらいたい。

もうすぐ統一地方選ですがこの子供にツケをまわさない候補者は多分僕たちのフィールドを守ってくれる人ではないかな?と考えます。こんな視点もいかがでしょうか?
内山会長・吉田先生もし間違ってましたらコメント下さい。

僕は近々子供にツケをまわさないステッカーキャンペーンを展開させようと考えています。また、このBLOGでも紹介します。

あかん、難しそうにいっぱい書いたけど簡単やねんずーと海や山で遊び続けたいだけやねん。ただそれだけ。ずーと・ずーとね。

あー雨やめ。今日は虎の日雨振って地かたまる。神宮出陣です。
雨やめよー・・・・江草宜しく・・・・・

スポンサーサイト
  1. 2007/04/03(火) 11:24:27|
  2. 自然
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1
<<やったぜ兄貴金本! | ホーム | 伊豆が良かったらしいが大失態>>

コメント

正直環境問題と税金を結びつけて今まで考えていなかったです。
いつもお世話になっている茅ヶ崎海岸の浸食問題も砂入れで税金が使われている。
現場通り過ぎながらどこからこの砂を運んできてるんだろうぐらいにしか思っていなかった。
恥ずかしい話環境税の導入を今環境省が検討している事も知らなかった・・・。
ちょっと調べてみましたが、環境税は税制を利用して環境に負荷を与えるものに課税し、それを抑制するという経済的手法で、すでに多くの国々で導入されているんですよね。またまだ未導入の国は地球温暖化対策を進める効果的な手法の一つとして導入が検討されているみたいですが、日本は導入によって社長が言っていた増税によりこれからの世代の人たちにそのつけが回ってきたりと賛否両論のようです。

いつまでもみんなが大好きな海でそれぞれスタンスは違うがサーフィンしつづけられる為には何が出来るのか。小さなことでも自然に恩返し出来ることをしたいとも思いました。また子供にツケをまわさない!この言葉の中にある意味いろいろと調べてみたいと思いました。
  1. 2007/04/03(火) 14:25:26 |
  2. URL |
  3. kei #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://climbone279.blog95.fc2.com/tb.php/35-9659be90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

●日本の常識は地球の非常識

今年2月。南極海で日本の捕鯨調査船 日新丸は火災を起こした。しかし、報道されなかった(隠された)問題がある。火災を起こした際のオイル漏れから回りの...
  1. 2007/04/06(金) 10:03:53 |
  2. イルカからのメッセージ

プロフィール

tad279

Author:tad279
CLIMBONE のオーナー
湘南 茅ヶ崎から葉山へ移住。
旅を通して自然の中で遊ぶ自遊人

千葉公平を師とし
303SURFBOARDをこよなく愛し、
日々の生活を波乗りを中心とした
ライフスタイルを送る。
都会と海の往復の中で仕事とライフ
スタイルの確立・共存をテーマとし
個の確立を目指している。
子供にツケをまわさない。活動を支援し自然環境保全を推進している。


子供のときの笑顔で遊ぶをテーマに
KOZOUという遊びの提案中です。
自転車、波乗り、スタンドアップ、雪山
遊ぶ為のアウトドアライフツアーを展開しています。

KOZOUBASEという、昔の家屋を改造した
CLUBHOUSEに住みかえ、旅人状態の生活
を送っています。

旅で日常で撮る写真はブログで公開中。
家具製作ではBASEの家具は全部手作りと
使いやすさと感性を大事にしています。

書の心を学ぶべく書道は????

今年はバリにOPENするホテル事業でバリが増えそうです。
増やしているとの声も聞かれますが。

是非、 KOZOUBASEにお越し下さい。
279STYLEがお解りいただけると思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。